35+4÷2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ゴーレムマスターと人形少女

 「魔」属性の友人招待カードの一つに、[人形少女]オートマタ・オーキスというカードがあります。このカードはバックストーリーがかなり練られており、複数のカードが彼女に深く関わっています。

 以下、オーキスのフレーバーテキストを繋げてみました。



・ゴーレム作成の天才「ゴーレムマスター」によって「オーキス」が生み出される。

「お前の名はオーキス。彼女の…好きだった花だ」
――最初の記憶は名を貰った時の声。私はそこで目覚めた。

「魂なき人形、オーキスよ、お前に仮初の意識を与えた」
――マスターはそう告げた。私はその意味を理解しようとしていた。

「人形はいい。ゴーレムと違って仮初の命まで与えることがない」
――マスターは独りごちた。何だか、悲しい顔をしていた。

「私がいかに天才であっても、心まで創造できるのか」
――マスターはこれを挑戦だ、と告げた。己と、禁術への挑戦と。

「まだ若かりし頃の彼女に似せて創ったのだ」
――マスターは、少し憧憬するような、悲しむような、微笑を浮かべた。

「オーキス、お前が持つ意識が心かは分からないが、お前はお前だ」
――マスターは私の髪を撫で、父のように微笑んだ。



・「ゴーレムマスター」は、自身が作ったゴーレムが、兵器として利用された事実を知る。

「くそっ!王め、私のゴーレムをただの兵器としやがって!」
――その日、マスターは怒り狂っていた。私はただ見ていた。

「私は、私が創り出したモノが、人を不幸にすると思わなかったのだ」
――マスターは悲嘆にくれ、懺悔するように呟いた。

「私は、私がした事の決着をつけねばならぬ」
――マスターは私にそう告げた。以来、研究に没頭するようになった。

「願わくば、お前に悲しい思いをさせたくないのだが」
――研究が落ち着いたある日、マスターは私の頬を撫でて言った。



・「ゴーレムマスター」は、自身の研究に決着を付けるため、旅に出る。
 (ここで公式イベント「逆襲の人形遣い」が入る)

「オーキス、私は行かなければならない、それが宿命なのだ」
――研究を終えたマスターは旅支度を整え、私にそう告げた。

「私が帰る事は、もう無いだろう。オーキス、すまない」
――マスターはそう告げると、自らの死地へと赴いて行った。



・「ゴーレムマスター」の去った家、「オーキス」に感情が生まれる。

マスターは、一つの指輪を私の手に遺して行った。
それは、彼女に渡そうとずっと持っていたものだ、と教えてくれた。

渡せなかった指輪を私に託し、マスターはもう帰らない。
私は、言い知れぬ思いに襲われ、涙が頬を濡らしていた。

やがて、永遠のような、刹那のような時が過ぎ、私は一つの真実を感じた。
私とマスターを繋ぐ糸が切れたのだ、と。

私の頬から涙が流れ続けていた。理由は分からない。
ただ、心の中からマスターがいなくなったことを強く感じていた。

やがて私の中に一つの願いが産まれた。
マスターが愛し、憎しんだ人々を、世界をこの目で見てみたいという願いが…。



・旅に出る事を決意する「オーキス」。

自動人形にマスターは心をくれた。だから私は知りたい。
マスター無き今、この世界で私が生きる意味を。「さぁ、行くよ」



 これが一連のオーキスの話です。
 彼女を作り出した[狂像師]ゴーレムマスターと、彼の暴走を止めるためにホムンクルスを生み出した[奇蹟師]マスターアルケミストは友人であり、「まだ若かりし頃の彼女に似せて創ったのだ」の彼女とはマスターアルケミストの事で、オーキスのモデルは昔の彼女という事になります。渡せなかった指輪などの話から、片思いだったのでしょうか、その辺りは不明瞭になっています。

 招待カードは長いストーリーが作られているものが多いですが、その中でもオーキスの話は公式でもかなり力を入れており、彼女のために小説が書かれているほどです。
 後に、旅に出たオーキスが、旅の理由を理解し始めた段階の[魂知]ウォーフェロー・オーキス というカードもあり、オーキスの成長物語も一つの終焉を迎えています。

 カードによっては様々なストーリーがあったり、絵を見て楽しんだり、フレーバーテキストで話を楽しんだりといった、そんな楽しみ方もあったりします。

 ちなみに、オーキスの使うスキルは全て「○○・ハート」となっており、最初は「ホワイト・ハート」、順番に「サイレント・ハート」、「イノセント・ハート」、「ガールズハート」、フォーフェロー・オーキスは最終的に「カラフル・ハート」になり、彼女の感情が豊かになっていくような、そんな流れが感じられて好きです。

 第一線を張れる強さのカードかというと微妙なラインなので、またイベントにでも登場しないかなあ。
スポンサーサイト
  1. 2013年06月04日 07:42 |
  2. 神撃のバハムート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空を飛べる不思議な粉

 モバゲーの「神撃のバハムート」をやっています。

 本当は「アイドルマスター・シンデレラガールズ」をやっていて、それのコラボキャンペーン目当てにやり始めたのですが、新規にかなり優しい仕様になっており(無課金でも全然いける)、ちょうどイベントをやっていたのもあって、ずるずると引きずり込まれてしまったという。

 ゲームとしてはカード5枚でデッキを作って相手と勝負!というよくある単純極まりないものですが(というかアイマスとほぼ同じ)イベントも豊富にやっており、聖戦といういわゆるGv的なものも自由に参加できるので、うまく立ち回れるととても楽しい。

 そして「全米No.1ビジュアルファンタジー」のキャッチコピーにあるように、カードの絵柄が非常に美しい。いわゆるギャルゲーのような絵から、絵画のような絵まで様々にあります。そして、それはレアリティの高いカードほどクオリティが高かったりもします。(能力が同じでも、絵柄が良かったりするとバザーでの値段が高かったりする)

 ちなみに、ゲームスタート時に「人」「神」「魔」の属性のうち一つを選ばなくてはならないのですが、集めたいカードによって色々考えて選んだほうがよいです。(私は何も考えずにオススメされた「人」にしました)

・「人」属性 史実や伝説の騎士、侍、英雄などがいる
・「神」属性 妖精や精霊、神獣、神話に出てくる神々や天使などが多い
・「魔」属性 ドラゴン、骸骨、悪魔、淫魔など人型や獣さまざま

 と分かれているので、ある意味一番悩みどころかも。


 適当にカードの説明をしてみる。まずは序盤で各属性ごとに貰えるカードを。
 この三枚は必ず序盤で貰える。序盤はこの三枚で頑張って乗り切れる。

 以降、名前クリックでWIKIのページに飛びます。


[紅騎士]パーシヴァル
 「人」属性のカード。イケメン。

[幻双狐]リナ・レナ
 「神」属性のカード。かわいい。

[竜戦姫]ジルニトラ
 「魔」属性のカード。美しい。


 あとは自分の好きな絵のカードを。感想はすべて小学生の作文レベル。

★「人」
[神槍]ロンギヌス 色っぽい。
[聖堂騎士]ホワイトパラディン いかにも女騎士で好き。
[星詠]セレスティアルテラー 色使いが好き。
[冬狩]ウルフェンハンター 力強い迫力ある絵。
[創造王]マルドゥーク 異質な感じが凄い。ROの⑲とは大違いや…。
栄光を捧げしジャンヌダルク 人属性で一番好きなカード。かわかっこいい。
[森弓士]ロビンフッド 弓使いはだいたいかっこいい。
[魔氷]ポリアフウィッチ 一番好きな絵師さんが描いたものの中で、一番好きなカード。

★「神」
[雷迅]ペルーン 素敵すぎるドヤ顔。
[祝宴]ハロウィン・ティナ 主要キャラの一人。絵がかわいい。
[起望]ワンダラーニンフ・ルカ イベント配布のカード。絵もキャラも大好き。
[錬生]ホムンクルス・アルタ 中二心をくすぐる。
[空魂導]スカイヴァルキリー 神属性で一番好きなカード。絵が美しすぎ。
[生徒会長]マナリアリーダー・ハンナ マナリア学院のカード。塗りが特徴的。
[運定]フォルトゥーナ まさしく神といった風格。書き込みが凄い。
[愛誓]エンゲージエンジェル 美術館にありそうな絵柄。

★「魔」
[査輝]ジュエリーウィッチ 絵本のような。
[蘇讐]リビングメイル 迫力がすごい。
[踊精]ウィリー こわかわいい。
[災魔天]エグリゴリ ボスキャラの風格が凄い。
[神撃]バハムート ゲームタイトルのカード。
[久遠姫]ロイヤルクイーンヴァンパイア この人の絵は何もかもエロい。
[人形少女]オートマタ・オーキス 公式に愛されている主要キャラ。かっこかわいい。
[融合]フラム=グラス いかにも魔といった感じ。かっこいい。


 ほかにも良い絵がたくさんあるので、良かったらWIKIを覗いてみるといいかもしれない。
  1. 2013年05月31日 09:14 |
  2. 神撃のバハムート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何はともあれ

002.jpg

 ジョブが50になったので、装備とステなんぞを久々に。前にステ乗っけてるのがセージの頃なので、相当前の話になりますね。

 例のスキル仕様修正で、スキル・ステ振り直しが来る前に、一度ステを調整してみました。見ての通り大魔法メインのステータスとなっております。DEX100以上は趣味の領域らしいので、セージWIKIを鵜呑みにしてDEX100調整で。INTは当然120として、あとは防御ステをどうするかといったところ。A=Vと激しく迷走していますが、Aを60~70くらいに上げて完成?(最終ステはまったく計算しておりません)

 装備は普段の汎用装備です。狩場によっては頭がスカルキャップになります。時空ブーツを履きたいがためにスプリントセットを崩しているので、詠唱速度が若干落ちますが、火力は段違いに上がるのでこちらで。スプリントリング単体で装備しても悪くないしね。火力重視にする場合はスプリンの代わりにテレキネシスオーブが入ります。地味にINT+3が光る良いアクセ。案外確殺に影響したりするので侮れない。

 狩場は基本的には亀3Fが安定して美味しい感じです。ちゃんと拾えば収入も悪くはない。ただレアに夢を見る事が出来ないのがなあ…。まあその点はどうしようもないのですが。
 ここ最近は城ペア(皿+AB)にトライしていますが、正直安定はしません。ただ、以前よりは全然勝負になる手応えはありました。深淵の処理がもっと早く出来ればいいんですけどね。おそらくトリオなら余裕かと思われる。ただ深淵のブランディッシュなり、禿の一閃なりで事故はありそう。

 という思案も、サイキックウェーブとスペルフィストがどう修正されるかによって変わる現状。果たしてどうなることやら。
  1. 2013年05月28日 08:47 |
  2. RO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風と稲穂と早くなる呼吸

雑記です。文章が矛盾・崩壊している可能性があります。
でも書きたかったので一応。

(引用1)
・スキルの調整
 今後実装されるアップデート等への対応も考慮し、
 スキル自体の調整を行います。
 ローリングカッターの他、アローストーム、バニシングポイント、
 インスピレーション、インビジビリティ、双龍脚、
 呪縛陣、天羅地網、修羅身弾、大纒崩捶
 スペルフィスト、サイキックウェーブ、カートトルネード、
 の調整を予定しております。

★ローリングカッター
 消費SPが非常に少ない+装備があれば狩場を選ばない。超汎用性。

★アローストーム
 連射が効かないが範囲火力としては非常に強力。
 矢のコストもあるが気にならないレベル。

★バニシングポイント+インスピレーション
 ベース150時、1200%単体攻撃+ブースト火力倍加。かなりの速度で連射可能。
 SP剤必須、経験値1%消費を考えるとバニシングはともかくインスピは常用不可。

★インビジビリティ
 癖が強く使い辛いが狩場によっては完封可能。

★天羅地網、修羅身弾、大纒崩捶
 修羅身弾→ごつソロ可、天羅地網→RCと同様?、大纒崩捶→MVPハメ

★スペルフィスト、サイキックウェーブ
 スペルフィスト→ごつソロ可
 サイキックウェーブ→暴走する魔力が強すぎた為?精霊実装前の調整?

★カートトルネード
 吸収効果が乗るようになったため、RCと同様?


(引用2)
・ソロプレイの助長による、パーティープレイの楽しみの阻害

★ストライキングはなぜ弱体化されたのか?
 エンチャントブレイド・天穴はなぜ支援できなくなったのか?

★PTで狩れ、かつ、ある程度美味しい狩場がごつミノくらいしかないのは?

★右腕を失ったギロチンクロスは、PTに貢献できるのか?


(引用3)
・アップデートやキャラクターの成長等の変化があっても、
 一部マップおよびモンスターのみが、
 経験値獲得手段の対象となり続ける可能性がある

★配置変更してもその敵を追いかけるだけ。経験値効率を変更しても美味しい方に一極集中するだけ。
 ・同効率の狩場をレベル帯ごとに複数増やす
 ・魔法攻撃処理or物理攻撃処理など、特性の分かれたモンスターを配置し、各職業の連携を必須にする
  そういう狩場こそテレポ不可にしてソロ出来なくし、ソロ狩場等では狙えない超高率を出せるようにするべき
 ・上記を踏まえて、ある程度、特定の職業を想定した狩場を作る
  (公式の狩場情報ではオススメ職業の欄にほぼ全ての職名があり、激しく役立たずのゴミ)


(引用4)
プレイ環境の改善により、今後末永くラグナロクオンラインをお楽しみいただけるよう、邁進してまいります。
本件に関するご意見につきましては、引き続きWEBヘルプデスクよりお送りいただければ幸いです。
今後ともラグナロクオンラインをご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

★プレイ環境の改善(笑)
  1. 2013年05月09日 15:54 |
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狩りについての雑記

 基本的にソーサラー視点です。純粋な大魔法型ではないので参考にはなりません。ステータス的に言うなら、私は避け大魔法といった所だろうか。でも言うほど避けない。

 下記2つは普段、AB氏と行っているペア狩場です。効率はタートルアイランドのほうが若干上か。人がいないなら蟻が勝つかも知れない。(時給計算はちゃんとしてないが、タートルアイランドはベース122の状態で1h50%くらい。)

【蟻地獄】
・蟻3種がメイン。アンドレ、ピエールはPWで確殺。デニーロはPW+DDで確殺。

・適当に進むとすぐに囲まれてボコられる。

・テレポが出来ないのと、ホールドウェブで捕縛してくるのもあり、ABの後ろを歩くのが一番安全。
 ただしタゲが頻繁に外れるので、こちらにタゲが流れる頻度はそれなりにある。

・アクラウスを処理する場合、持っているなら火SFで殴る。大魔法型は地道にPW+DDで落とす。
 VEにひっかけて飛ばすのが一番早いが、自己責任で。

・PWとDDは範囲が違うので撃つ場所を考えないと微妙に当たらなかったりする。

・DD以外の追撃だとVSくらいしかないが、スト入れたとしても火力はあまり期待できない。
 敵指定なのも、巻き込みにくくて使いづらい。

・蟻が1匹残ったからといって、間違ってもSFなんかしてはいけない(震え声)。

・マヤーと遭遇した場合、SpWかVEで飛ばすくらいしか対策がない。
 ホールドウェブされている場合、ボス属性は吸い込めないので、高確率でABが死ぬ。
 VEが通ってないと皿もついでに死ぬ。アクラウスのみでも捕縛できたなら何とかなりそうにも思える。
 が、取り巻き再召還でやっぱり死ぬ。マヤーと普通に戦っても爆裂で死ぬ。結論、死ぬ。

・見た目が似ているせいで、マヤーパープルは心臓に悪い。
 マヤーと間違えてVEするとテレポするので注意。カードの夢を見ながら欲望のままに倒そう。

・人気狩場なので時間帯によっては時給が激しく落ちる。
 大型PTも結構な頻度で見るが、効率が出ているのかは不明。しかし皿ペアとか全く見ない。

・足の早い前衛がいるとトレインがかなり楽になる。(RG、RK、ジェネ等)
 単純にABの負担が減るので安定する。が、ペアでも何とかなる。

・AB視点で見ると、WLは範囲は狭いが連射が効き、連は連射できないが範囲で勝る。
 敵の集め方を考えないとグダる。

《ペア-WL》
・WLと組む場合は、欲望のままに走ると大抵まとめて焼き払えない。
 無理矢理引っ張らずにこまめに立ち止まる事。

・アクラウスと遭遇した場合、火属性の恩恵でLA込み数発で軽く落とせる。クリムゾンロックはやっぱり強い。

・連と違って属性付与が不要である事、矢の補給が必要ない事、ソウルドレインでSPがほぼ尽きない事から、継戦能力は高め。

・1確でなくても、連射が効くので何とかなる。

・その代わり、マヤーと出会った時の絶望感も高め。

《ペア-連》
・連と組む場合は、無理に走っても範囲の広さのおかげで何とかなる。ただし射線に注意。

・アクラウスと遭遇した場合、地道に殴るか、罠で飛ばすかの2択。

・付与が必要になると思われるが、1確できるならテンポの良さはWLに勝る。

・逆に言うならば、1確できないと相当グダグダになる。

・捕縛スキルでマヤーのテレポを誘発できるため、総合的にはこちらの方が安定すると思われる。



【タートルアイランド03】
・アサルトタートルがメイン。PW+EGで確殺。

・敵全員が頭のおかしいDEFをしているが、MDEFはゴミクズなので魔法の通りはとても良い。
(参考:アサルトにPWで一発10k前後、EGで35k前後)

・EGは土属性なのでヒートタートルには通らないが、属性バラバラの狩場でこそPWが真価を発揮。
 アサルト以外はHPが低いので、適当にバラまいていればすぐ死ぬ。

・ヒートタートルのせいで、床一面が燃え盛っている事がある。
 当たるとダメージよりヒットストップが鬱陶しい。

・フリーズタートルのFDでまれに凍る。味方が残念な事になったら優しくウォーマーしてあげよう。

・パーメットとソリッドは空気。ハチミツ欲しいならソリッドを巻き込むといいかもしれない。

・アサルトはスキル攻撃に注意すればどうとでもなる印象。
 ただ、大量に囲まれた場合、分身で一気にHPが溶ける。
 ABが犠牲になる前にPW+EGを叩き込みたい。移動中にメモを必ず仕込んでおく事。

・タートルジェネラルが結構な頻度で徘徊しているので、遭遇したら落ち着いて逃げる事。
 初手WBだと下手すれば死ぬ。それ以外なら、足が遅いのもあって逃げやすい。

・基本、VEで捕らえる事が出来るが、アサルトとジェネラルはテレポしてしまう。

・エクスピアティオがあるなら物理職でも大丈夫。ただし錐持ちに使うとダメージが逆転して大変な事になる。

・僻地かと思いきや、錐が持てる前衛(シーフ系)、RK(串装備?)、RG(アルシェ装備?)その他ABを有したPTなどを見かける。ソロ・ペアなら経験値効率は良く、感覚としては"ドロップ品の死んでない蟻"といった印象。

・蟻と同様にドロップ無視が前提であれば、蟻を超える効率を出せると思われる。
 ただしMAPが広く、索敵が面倒。
  1. 2013年04月21日 03:17 |
  2. RO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。